スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2008年09月25日

仕込み時間

お店はオーナー大将とお弟子さん、ホールや洗い場を担当する女性の3人で頑張っておられます。

大将の心のこもった料理、雰囲気のある綺麗な店内、心配りの接客でとても人気のあるお店です。

そんなお店でズブの素人がお手伝いをさせく事になり、とても感謝しています。

仕込みの前半は材料の切り出しです。後半は大将やお弟子さんが行なう下ごしらえの補助です。

調理場は大変蒸し暑く、Tシャツがすぐに汗まみれになってしまします。

最初は迷惑がかからないように、邪魔になっているのでは?、それが気がかりでした。

でも、時間と共にどうにかこうにか慣れていくことができました。
  


Posted by あごひげ at 13:51Comments(0)開業準備

2008年09月25日

見習い修行

お店でお手伝いをさせてもらうようになってから、早や1ヶ月が経過しました。

最初の数週間は午後2時から開店時間まで約3時間、「仕込み」を修行させてもらいました。

和食のお店ですから、まず出汁引きです。続いて、大根のすりおろし、葱や茗荷の薬味切り、

玉葱のスライス、トマトの湯むきカット、サラダ用野菜の千切り、煮物用野菜の乱切り、等々

当日の予想来客数+αだけ材料を仕込みします。すべて任されているのではないのですが

私の切った食材がお客様の口に入るのか、と思うと包丁の手が緊張してしまいます。

決して材料は必要以上に無駄には切らないよう教わりました。
  


Posted by あごひげ at 01:04Comments(0)開業準備